読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年間ベスト(ロック/ポップス編)

年間ランキングパート2。アイドルグループ以外でTOP20。 

 

1.SUN/星野源
年末にかけての大量露出で「2015年の人」になった感。この曲も大ヒット曲扱いになってきたし、今やお茶の間からフジロックまで無理なく横断する超人になってしまった。3年前は死にかけてたよな...。

 


星野 源 - SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】


2.彦摩呂/グループ魂
Mステで見て腹抱えて笑った。「味の郵政民営化」って何だよ!

 

3.心理の森/シンリズム
「10代でこの才能!」という衝撃としては、自分の中では清竜人以来の存在。「抜け出せれない」という歌詞はちょっとひっかかったけど、ひっかかるぐらいでいいのかもしれん。年末のライブで「先週から冬休み」と言っていて、初々しかった...

 


シンリズム「心理の森」


4.Floatin' Groove/Keishi Tanaka
リディムサウンターの頃のサウンドが戻って来たのが嬉しい。

 


Keishi Tanaka / Floatin' Groove inc.AL"Alley" - 2015.04.22 on sale


5.もんだいガール/きゃりーぱみゅぱみゅ
アルバム「なんだこれくしょん」の時期は何出しても無双という感があったけど、最近はそうでもなく...。この人はメッセージ性よりも響き重視の方がいいのかもしれないと思っていたところ、両方を兼ね備えた名曲登場。夏フェスで熱心に振り付けレッスンしてたな。

 


きゃりーぱみゅぱみゅ - もんだいガール, kyary pamyu pamyu - Mondai Girl


6.ロッキン50肩ブギウギックリ腰/ウルフルズ
80~90年代を彩り今なお最前線で活躍するアーティスト達が続々と50代を迎えるのだから、彼らは当然体力の衰えとも向き合わざるを得ない。それをコミカルにかっこよく表現できる人達・・・なるほど、ウルフルズがいた。

 


ウルフルズ『ロッキン50肩ブギウギックリ腰』


7.KLING! KLANG!! (album mix)/TWEEDEES
安定の沖井ワールド。この人は新しいような、ずっと昔からあったような、時間軸が分からなくなる曲を作る印象。

 


KLING! KLANG!! / TWEEDEES(トゥイーディーズ)


8.緊急事態/女王蜂
「デスコ」以外はそんなに気にしてなかったんですが、どうやら去年あたりからニューモードに入った模様。なんかやっぱ、カリガリっぽいんだよなー。


9.Girl! Girl! Girl!/フジファブリック

アレンジが自分の好きなポップスのツボを押さえまくっている。ストリングスと軽快なホーンが印象的で、真心ブラザーズっぽいんだよなー。フジファブリックからこれが出て来るとは思わなかった。


10.ふたつの世界/くるり
まずオフィシャルが出してる文章のハードルの上げ方のエゲつなさ!

 

「Liberty&Gravity」の複雑怪奇なアンサンブル。「さよならリグレット」のエレガントさ。「ワールズエンド・スーパーノヴァ」の電子音。「ばらの花」の胸キュン度合い。「ワンダーフォーゲル」の多幸感。これら、全て兼ね備えた恐るべき、とんでもない曲が完成!

 

アンサンブルは複雑ながら表向きはあくまでキャッチー&コミカル。LINEの画面を使ったPVや、シングルの京都音博会場限定パッケージもとても可愛らしかった。

 


くるり - ふたつの世界 / Quruli - The Two Worlds


11.新しい夜明け/SCOOBIE DO
結成20周年記念の新曲。スクービーらしいとしか言いようがない。目新しさは無いけど、スカパラホーンズをフィーチャーしたのは名盤「Beautiful Days」以来の事なので、その点はアガった。

 


SCOOBIE DO / 新しい夜明け(New Dawn)


12.シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
意外と本人的には特別思い入れはないっぽいけど、流行りの四つ打ちバンドとのレベルの違いを見せつけた。

 


UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」ショートVer.


13.ラヴァーマン/ORIGINAL LOVE
大人の渋谷系。田島さん的にもすごい自信作だったようで。

 


ORIGINAL LOVE  "ラヴァーマン"


14.新宝島/サカナクション
PVで優勝。

 


サカナクション / 新宝島


15.私以外私じゃないの/ゲスの極み乙女。
結果的に2015年の代表曲の1つに。難解なようでキャッチーっていう、バンドのいいとこが凝縮された曲。NHKのSONGSの時にやたら「子供にも人気」ってのを強調してたけど、「キャッチーさ」を通して音楽的な難解さがマイルドになって、分かるようになる、その背伸びできる感じがいいんでしょうか。

 


ゲスの極み乙女。 - 私以外私じゃないの


16.死 ん だ 妻 に 似 て い る/ゴールデンボンバー
マリスミゼル風のイントロから、キャッチーなダンスミュージックへ。はーどっこい!とかチャペ、アペ...とか、何故かアイドルのコールに寄せた1曲。

 


「ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る Full size(音声モノラル64kbps)」


17.Girl A/[Alexandros]
いつになくデジタル仕様のサウンドがまず新鮮。Bメロがなくて、Aメロからいきなりサビへいくんだよね。Aメロは日本語英語混合ながら、意識的に英語っぽく聴こえるようにしていて、だからこそハッキリとした日本語のサビが際立つという構造。3分以内の簡潔な曲構成で、繰り返し聴きたくなる。

 


[Alexandros] - Girl A (MV)


18.至上の人生/椎名林檎
すっかり忘れてたんですが、これドラマ主題歌だったんですね。「日出処」を経ての一作目としては意表を突かれた曲。

 


椎名林檎 - 至上の人生


19.リピート (Second line) feat.ホリエアツシ/ACIDMAN
序盤はオリジナルと大差ないかと思いきや、途中からホリエのピアノが入り、ツインヴォーカルに。オリジナルよりも歌詞がしっかり入ってくる印象がある。8分超なのに長さを感じさせないのも見事。

 


ACIDMAN - リピート (Second line) feat.ホリエアツシ


20.長く短い祭/椎名林檎
浮雲とのデュエットがやっぱり好きなんだな。夏にCMで大量オンエアされていたようだけど、普段CMを殆ど見ないので全然その印象が無い。

 


椎名林檎 - 『長く短い祭』 (楽曲試聴Short Ver.)

 

[総括]顔ぶれ的にはいつになく知名度高めの面子が揃った。若手はあんまり興味無いけど、中堅~ベテランが健闘した結果かな。でも今年ロックシーン良曲多かったし、それをApple Musicで拾えるようになったのがデカい。わざわざ買う/借りるといった行為をしてまでチェックしなくなったバンドからこれによって良曲が見つかる事もあった。サブスク解禁して欲しいバンド、他にもいるんだけどなー...